故人を偲んで後悔のない葬儀をしよう|事前の準備が大切

大量の遺品にも対応

ダンボール

近所に内緒で利用もできる

遺族に代わって遺品処分を行ってくれるサービスは、核家族化や独居者の増加もあって利用者が伸びています。遺品処分サービスを利用するにあたっては、工夫次第でより遺族の負担を抑え、さらに便利に活用できます。例えば工夫例の1つが夜間の利用です。近所に知られずに遺品処分をしたい、あるいは仕事が忙しいため出来れば帰宅後に作業をしてもらいたい、といった希望もこのサービスならば夜間作業で応えてくれます。さらに業者によっては買い取りサービスも行っているため、不要な遺品は引き取ってもらう時に対価を受け取ったり、サービス料金と相殺してもらえます。故人が残した価値のある遺品も、遺品処分サービスの業者を上手に利用する工夫で、それを必要とする人に受け渡すことも可能です。

必要な物だけを残せる

かけがえのない親族の喪失には大きな悲しみを伴うだけでなく、遺族は故人の残した遺品処分のために大きな労力を費やすことになりがちです。このため近年は遺品処分をサービスとして提供する業者が増えており、人気を呼んでいます。遺品処分のサービスが人気の理由には、遺族に喜ばれる様々な利便性の高いサービスを提供してくれる点がまず挙げられます。大型の家具類や大量の衣服、粗大ゴミなども全て引き取り可能です。最近は一人暮らしのゴミ屋敷化も社会問題となっていますが、形見にならない大量のゴミも業者なら1日から数日で片づけてくれます。また遺品処分に際しては貴重品や大切な形見は全て分類して遺族に手渡してくれます。全ての遺品を処分するのではなく、選択的に必要な物だけを残してくれるのも遺品処分のサービスが人気の要因です。