故人を偲んで後悔のない葬儀をしよう|事前の準備が大切

遺品の整理と処分

ダンボール

業者の利用

血縁者が亡くなった際には葬式の手配や仏壇の購入など、さまざまなことをする必要があります。それらは手間と時間が掛かりますが、それ以外に遺品整理も行う必要があります。遺品整理とは亡くなった方の所有していたものを片付けることをいいます。それに加えて、遺品の一部を形見分けとして贈ることもあるので、あらかじめ選別する必要があります。そんな遺品整理を行う際には業者に依頼する方が少なくありません。業者に依頼する場合は料金がかかるので躊躇する方が多いですが、ものが多かったり、大きな家具などがある場合には重宝します。特に家具や家電などをまとめて処分する際には業者に依頼することで、手間をかけずに処分することができます。

依頼するメリット

遺品整理を業者に依頼するメリットは2つあります。1つは遠方に住んでいる方でも利用しやすいことです。例えば、遠方にある故人の家を掃除する場合は休暇を取って行く必要がありますが、業者に依頼することで直接行かなくても遺品整理を行えるメリットがあります。2つめは遺品整理以外のサービスを提供しているところがあることです。例えば、業者によってはハウスクリーニングを行っています。特に故人の家が賃貸の場合はハウスクリーニングを行うことで、退去をスムーズに行うことができます。また、建物の撤去を行っている業者もあります。撤去を行うことでその土地を売却したり、新たに建物を建てることができます。そのため、業者に依頼する際にはサービスを確認することをおすすめします。